秋の淡路島リトリートが始まっています。

img_20160918_073908
昨日から、今回『明日のテーブル』で事務局をやらせて頂いている『秋の淡路島リトリート』が始まっています。素晴らしい講師陣を迎えての2日目。6:45から淡路島らしい景色の中で早朝ヨガタイムです。この後の朝ごはんがまた美味しいんですよねぇ。

人生初ポポー

img_20160915_163939
『ポポー』ってなんだ?! 思わず買ってみた果物。皮を剥いてる感覚はアボカド。食べるとマンゴーと柿とバナナを足して3で割った感じ。甘くてねっとりして美味しい!南国フルーツだね。
固い種が不規則に入ってる上に実は崩れやすく、綺麗に切るのが難しかったですわ。

里むすめに関する嬉しいお声を頂きました。

img_20160914_192247
早速、『明日のテーブル』で里むすめをご購入頂いた方からとても嬉しい感想を頂きました。
『上品な後をひく甘み、ほんのり優しい甘さの中に、はちみつみたいなしっかりした甘みがあって、、家族皆で楽しんでいます』と。もっとしっかり甘いお芋を好んで食べられていたようなのですが、里むすめのようなお芋本来の甘さの良さも再認識していただけたようなのです。

淡路島の食材はこの傾向が強いのですが、サイトの方針としても、
よく築地で人気だったり、東京で体験することが多かったりする『とにかく甘い』とか『とにかく濃い』みたいな追及をされた食材ではなく、

素材本来の味わい、旨味、甘味、苦味などを大事にしているようなものを優先して扱うことにしています。一言で言うと『昔ながらの』、みたいなものになるのでしょうか。

甘さまっしぐらなお芋もやはり美味しいので大好きですが、日常的な食を豊かにしたいと思ってこのサイトを運営している私としてはこちらが扱いたい商品になるのです。

なので、頂いた感想はとても嬉しいものでした。ありがとうございます!

里むすめで焼き芋をつくる方法。

img_20160912_110707
レンジを持たない我が家では、五層ステンレスフライパンで水だけで蒸し焼きにするか、濡らしたキッチンペーパーとホイルで包んでトースターで30分じっくり焼くかのどちらかです。蒸し器で蒸すより味が濃いと聞いてそうしています。
良いやり方知ってる方いたら、是非教えてくださいませ!

鳴門金時『里むすめ』の取り扱いを始めます。

img_20160912_110310
「明日のテーブル」で、2016年度の鳴門金時『里むすめ』の取り扱いをスタートします。現地でも評判の生産者さんだけを厳選して仕入れるので、毎回数量限定で、産休に入るまでできる限り続けます。 「鳴門金時」とは、鳴門海峡の砂地で作られたさつまいもで、主に鳴門市(里浦・大津)川内町・松茂町などで栽培されているさつまいものこと。 「里むすめ」はその中でも更に厳しい条件をクリアした鳴門金時で、かつ里浦町で生産され里浦農協で出荷管理されている鳴門金時だけを指します。とても甘くて栄養価の高いおいもです。

値段は時価なので、次回の入荷では値上がりしている可能性も十分あります。ぜひこの機会にお試しくださいませ!

鳴門金時『里むすめ』5kg(サイズM5箱、L3箱)3,780円(税込)です。 ※10kgでご希望の方はお問い合わせ下さいませ。
※9月16日~19日はイベント参加の為、発送はお休みさせていただきます。

保存方法
冷蔵庫には入れずに、風通しの良い冷暗所での保存をお願いします。

http://www.ashitanotable.com/items/4192492

初めてのアケビ

IMG_20160907_200123
アケビ、初めて食べました。栄養満点とのことで食べてみたいと思ってたら近くの産直で最後の一つを発見!
なんだか不思議なゼリーみたい。生産者さんのコメント『種が見えるくらい透き通れば大分甘いです。果肉を口の中でモグモグして、種は捨ててください。中身の果肉は甘い。果皮は天ぷらに』

淡路島には生のナツメもありました。

IMG_20160903_155729
『妊婦におまけ♪』と淡路島で大人気のカフェバーviolinのちえちゃんがくれた、ナツメ。
生のナツメなんて初めて食べました。
青リンゴみたいにさくさくでおいしい。
鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維、サポニンなどが豊富に含まれているとか。
こういうさっぱりフルーツ、つわりが終わった今でも身体が欲するのです。嬉しいわぁ。

淡路島に移住して半年が過ぎました。

DSCF5227

淡路島に移住してきて、半年が過ぎようとしています。

ここでの暮らしはとても快適で贅沢です。

 

ベランダからは海が見え、玄関の前には田んぼと山が広がり、それぞれ毎日違う顔を見せてくれます。

近くの産直市場や鮮魚店では旬の食材が並び、精肉は牛も豚も鳥もさばきたての新鮮なものが手に入ります。

玉ねぎの収穫が終わると、その畑のほとんどが今度は田んぼに様変わり。おいしいお米の農家さんもたくさんいらっしゃいます。

牛乳も有名で、ヨーグルトやアイスクリームも地のものでおいしいものが存在します。

海苔やわかめ等の海藻も、手延べ素麺も産地として有名です。

この土地の質素で豊かな性質を体現するかのように、地元の人は穏やかで優しい方が多いです。

引っ越してきたばかりのころ、毎日車で走る道路が海沿いで、目に入る景色のあまりの美しさに「これが日常になるなんて信じられない」と感極まったことを今でも昨日の様に思い出します。こんなにも贅沢な日常生活を送れるなんて、それを期待して移り住んできたものの、想像以上の日々です。

まだまだ知らないことがたくさんあります。

これからもっともっと淡路島を好きになっていくのでしょう。

ここに来れた縁を、ここで授かる縁を大切に育んで行きたいと思います。

 

 

 

淡路島でも珍しい、白いちじく。

IMG_20160902_200308
『白いちじくは珍しいし、普通のよりぐっと甘いのよ!見た目が悪くなりやすいから安いだけでこっち買った方がいいわよ!』と、隣にいたおばちゃんが教えてくれました。
こういうコミュニケーションが嬉しくてしょうがないのです。
これで180円也。