里むすめに関する嬉しいお声を頂きました。

img_20160914_192247
早速、『明日のテーブル』で里むすめをご購入頂いた方からとても嬉しい感想を頂きました。
『上品な後をひく甘み、ほんのり優しい甘さの中に、はちみつみたいなしっかりした甘みがあって、、家族皆で楽しんでいます』と。もっとしっかり甘いお芋を好んで食べられていたようなのですが、里むすめのようなお芋本来の甘さの良さも再認識していただけたようなのです。

淡路島の食材はこの傾向が強いのですが、サイトの方針としても、
よく築地で人気だったり、東京で体験することが多かったりする『とにかく甘い』とか『とにかく濃い』みたいな追及をされた食材ではなく、

素材本来の味わい、旨味、甘味、苦味などを大事にしているようなものを優先して扱うことにしています。一言で言うと『昔ながらの』、みたいなものになるのでしょうか。

甘さまっしぐらなお芋もやはり美味しいので大好きですが、日常的な食を豊かにしたいと思ってこのサイトを運営している私としてはこちらが扱いたい商品になるのです。

なので、頂いた感想はとても嬉しいものでした。ありがとうございます!